プログラミング教育や教材メーカーを支援するobniz

新しい学習指導要領に、2020年からの小学校のプログラミング教育必修化が盛り込まれ、教育課程の早い段階におけるプログラミング教育の提供が今後ますます必要性を増していくことが予想されます。また、中等・高等教育におけるプログラミング教育への注目度も高まっています。

私たちは、obnizを通じて、実践的なプログラミングの学習環境の提供とコンテンツの普及をバックアップします。

【目次】
obnizが教育・教材に提供できる価値
教育分野でのobnizの活用事例
obnizを教育・教材に導入するには

obnizが教育・教材に提供できる価値

1. プログラミングの段階的なステップアップ

obnizは、自由に作成できるプログラムエディタと、用意されているブロックを選んで並べるだけのブロックプログラムを提供しています。

ブロックプログラムでプログラムの基礎を学び、エディタを使って学習段階や実現したいことに応じたプログラム言語へステップアップできます。

直感的な操作で論理的な思考を育む ブロックプラグラム

用意されたブロックを組み合わせて命令を作ることができるブロックプログラムは、プログラミング学習の入門として最適です。キーボード操作に慣れていなくてもドラック&ドロップで操作できるため、年齢を問わず、プログラミングの体験・学習を進めることができます。

obnizのブロックプログラムなら、「顔の検出」「天気の取得」など、高度なAIプログラムですらブロックで簡単に実装できます。

ブロックプログラムからJavaScript(ジャバスクリプト)へ

obnizのブロックプログラムで作成したプログラムは、そのままJavaScriptへ書き出すことができます。

ブロックプログラムからJavaScript(ジャバスクリプト)へ

構文・関数を覚え、ゼロからプログラムを記述することは難しくても、書き出したプログラムの一部を変更・追記していくことで、プログラムの書き方や仕組みを学習することができます。

また、JavaScriptで動作プログラムを作成し、HTMLやCSSと組み合わせることで、コントローラーなどの画面をデザインできます。ロボットプログラミングを学びながらJavaScriptをベースにしたWeb技術も同時に学ぶことができます。

実践的で汎用性の高い JavaScriptを使った学習
JavaScriptは、初学者にも理解しやすく、かつ実際の開発現場でも広く使われているプログラミング言語です。
言語自体の使用者が多いため、文献や参照できる情報が多く、学習を継続しやすい環境が整っています。

どんな言語でもプログラミング

obnizは、JavaScriptだけではなく、Python、Node-REDのSDKを提供しています。AIやIoTの開発に用いられる、発展的なプログラミング言語へのステップアップにも繋がります。

新学習指導要領記載の「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラ ミング」への対応

平成29年改訂 中学校学習指導要領に含まれる情報技術において含まれる下記の記載についてobnizを使うことで対応が可能です。

なお,急速な発達を遂げている情報の技術に関しては,小学校におけるプ ログラミング教育の成果を生かし発展させるという視点から,従前からの計 測・制御に加えて,ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプ ログラミングについても取り上げる。加えて,情報セキュリティ等について も充実する。

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/03/18/1387018_009.pdf

(2)ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツ のプログラミングによる問題の解決

ア 情報通信ネットワークの構成,安全に情報を利 用するための仕組み,安全・適切な制作,動作の確認,デバッグ等

イ 問題の発見と課題の設定,メディアを複合する方法などの構想と情報処理の手順の具体化,制作の過程や結果の評価,改善及び修正

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/03/18/1387018_009.pdf

obnizは全てがネットワーク経由で双方向かつリアルタイムです。obnizを利用することで新学習指導要領で示されているような教育を自然に行い、子供たちが体験し身につける機会を提供することができます。

2. スマートフォンとの連携や最新のAI・IoTの学習

obnizは、スマートフォンの傾き検知機能やカメラ機能との連携も簡単です。 スマートフォンで操作するラジコンやロボットなど、子どもたちの興味・やる気を損なわず学習を進めることができます。

また、天気情報の取得、SNSとの連携など、Web上にある情報にアクセスし利用することもできるため、本格的なIoT開発まで学習を発展させることができます。

3. 開発環境の構築が不要 Webブラウザを開くだけですぐプログラム

オンラインエディタを提供

obnizは、プログラム環境をオンラインで提供しています。つまりWebブラウザ上のエディタでプログラムの記述ができます。 特定のアプリケーションソフトとは異なり、環境の構築・移行、アップデートの必要はありません。ページを開けば常に最新の環境が利用できます。

エディタで書いて即実行

エディタに書いたプログラムは、書いたら即実行できます。obnizはクラウド上でプログラムの作成・実行を行うため、コンパイルや書き込みの必要がありません。

スマートフォンでもタブレットでも

パソコンはもちろん、タブレットでもスマートフォンでもプログラムの作成、編集が可能です。

デバイス・OSに依存しない開発・学習環境がすでに整っているため、環境の構築に時間を費やすことなく、本来の目的であるプログラム教育の提供に集中できます。

4. 日本語でのサポート

obnizは、日本発のIoTプラットフォームです。日本語でのサポート、ドキュメントを提供しています。

教育分野でのobnizの活用事例

ArtecRobo2.0(アーテック社)に採用

ArtecRobo2.0(アーテックロボ2.0)

obnizは、株式会社アーテックが開発販売するプログラミング教材『ArtecRobo2.0(アーテックロボ2.0)』に採用されました。

obnizOSがアーテック社のロボットプログラミング教材 「ArtecRobo2.0」に採用されました


プログラミング教育や研修、IoTのレッスンにobnizを取り入れましょう。
エンジニアリング、アート、科学など、様々な分野の教材や研修、ハッカソンにobnizが活用されています。

ローランド株式会社の社内ハッカソン

ローランド株式会社の社内ハッカソンにobnizを採用

「社内便が届いたらメールでお知らせ」など、プログラムや回路を触ったことない人でも、業務改善につながるアイデアを短時間で実現できました。

Rolandで行われた「obnizを使った業務改善」社内ハッカソンに参加

LINE Clova ハッカソン

LINE Clova ハッカソンにobnizを採用

気圧センサーや音声デバイスなどをobniz Boardにつないで、アイデアを実現。
同率1位の3作品すべてでobniz Boardが使われました。

LINE Clova ハッカソンレポート

・横浜 情報科学専門学校でのハンズオン

obnizハンズオン@横浜を開催しました

obnizを教育・教材に導入するには

obnizに対応したデバイスを、動作させたいモーターやロボットに接続します。obniz対応のデバイスは以下よりお選びいただけます。

obniz Boardを使う

obniz専用のデバイスです。電源とWi-Fiにつないでおけばobnizの提供するサービス・環境を利用することができます。

12のIOが搭載された高機能でパワフルな電子基板で、モーターも直挿しできます。

Amazonで購入する

obniz Boardを使ったIoT製作例、電子工作の製作例もプログラムコード付きで多数公開しています。カリキュラムの企画・計画の際にご参照ください。
製作例を見る

obnizOS 対応のデバイスを使う

obnizOS対応のデバイス

ESP32プロセッサを搭載したデバイスであれば、obnizをご利用いただけます。

導入作業は必要になりますが、安価なものから高機能なものまで、最終製品・教材の仕様にあうデバイスから選択することが可能です。

obnizOSを導入できるデバイス一覧


お問い合わせ

obnizを使ったプログラミング教育・教材の開発についてお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム