言語切り替え

おばけを見ると逃げ出す!人やモノを識別するロボット

スマートフォンのカメラを使って、物体を認識するロボットを作ります。今回はハロウィンにちなんで、ジャック・オー・ランタン(かぼちゃのおばけ)を見ると逃げだすロボットを作ります。

難易度:★☆☆(かんたん)

準備するもの

※この記事は、AI Robot Kitを使った製作例です。

  • AI Robot Kit
  • スマートフォン(カメラ付き・Android推奨)
  • モバイルバッテリー

参考

今回のプログラムは、AI Robot Kitのレッスン内にある「バナナを見つけてみよう」を応用して作成します。
※動画内では、人の顔ではなくバナナを認識しています。

プログラム

人の顔と認識した場合は近づいて(前へ動かし)「Trick or Treat!」と言い、ジャック・オー・ランタンであれば逃げる(後ろへ動く)ようにプログラムします。

ただし、しゃべるブロック(Trick or Treatと言う)は、iPhoneでの実行は非対応です。AndroidまたはPCでのみ動作します。

ブロックプログラム

ロボットにスマートフォンをセット

上記で作成したプログラムを、スマートフォンで開き、実行します。

プログラムを実行するスマートフォンは、ロボットに設置します。obnizに接続すると「obniz.ioにカメラの使用を許可しますか?」とダイアログが表示されますので「許可」を押してください。

仕組み

物体の識別には、Googleの機械学習ライブラリTensorflow.jsを使っています。

obnizのブロックプログラムであれば、「バナナ」「レモン」「ボールペン」「フライパン」「ジャックオーランタン」の5種類のブロックを用意しています。

JavaScriptを使えば、上記を含め、いろいろなモノ、昆虫や犬など1000種類もの物体の識別ができます。

参考:ILSVRC2012_class_name.csv

ブロックを組み合わせて賢いロボットをつくろう

obnizは、ブロックプログラムだけで、

など、さまざまな動きを実現できます。

ブロックをうまく組み合わせれば、ロボット自身が周囲の人を探して「Trick or Treat!」とお菓子を集めてくれる賢いロボットが作れます。

 

商品紹介

obnizであれば、AI(機械学習)やスマートフォンとの連携なども、ブロックプログラムで楽しく簡単に学ぶことができます。必要な部品が同梱されたキットをご用意しています。

公式ストアでキットを今すぐ購入

関連記事