言語切り替え

『換気状況の定量・可視化』サービスの提供開始

新型コロナウィルスなど感染症予防に『換気状況の定量・可視化』サービスの提供開始

2020年4月3日、人が集まる閉鎖空間の換気状況を可視化し、定量的な換気を実現するソリューションリリースいたします。

CO2測定センサとobniz BLEゲートウェイを用い、空間中のCO2濃度を継続的に測定。人が集まった際における空間中の呼気を監視することで、換気に必要な時間を把握し、室内環境を一定状態に保つことができるようになります。
学校・学習塾・介護施設・スポーツクラブ・オフィス会議室や飲食店など多岐に渡る施設で利用可能です。

開発背景

2020年3月9日に新型コロナウィルス感染症対策専門家会議から「新型コロナウィルス感染症対策の見解」が発表されました。また2020年3月24日には文部科学省より「新型コロナウィルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」が通知されています。

1)   換気の悪い密閉空間にしないための換気の徹底
2)   多くの人が手の届く距離に集まらない為の配慮
3) 近距離での会話や大声で発声をできるだけ控える

密室・密集・密接、いわゆる3つの「蜜」が重なる場所を避けることが、感染を防ぐためには重要とされています。

この中で、1)については、どの程度の人数でどの程度換気したら良いのか、明確な指標がなく判断に困ります。適切な換気を行うことができれば1人でも感染者を減らせるのではないか、その空間にいる人やそのご家族の不安を少しでも減らすことができればという思いで、開発に至りました。

CO2濃度を数値化・可視化
CO2濃度を数値化・可視化

価格

測定箇所 100箇所未満の場合

月額9,800円/月 (年一括支払も可)
初期費用150,000円
50,000円/測定箇所(センサ費用を含む)

※別途Wi-Fi / インターネット環境 / 管理・閲覧用PCやスマートフォンが必要です。
※現地設置費用などは含みません。
※初期画面やセンサとのキッティング費用を含みます。

機能

高性能CO2センサで取得したデータを、obnizBLEゲートウェイ経由で可視化します。

  • スマートフォン・PCによる施設内換気状態の一括/個別数値化・グラフ表示
  • 過去の換気履歴の取得
  • 換気不良検知時のメール・チャットサービス通知機能 など
センサーで取得したデータを可視化することで、適切に換気を実施できる
センサーで取得したデータを可視化することで、適切に換気を実施

仕様

CO2測定センサ

LogttaCO2 / ユニ電子株式会社

– 高性能CO2センサ(ELT Sensor社 S-300-3V)搭載
– 乾電池での長期間動作も可能な他、電源駆動もできるため、メンテナンスが容易

LogttaCO2について

obnizBLE ゲートウェイについて

BLE製品をクラウドから簡単制御できるBLE製品のためのプラットフォーム。

obnizBLE Gateway

1)開発が容易:全てクラウドからの簡単制御
2)セットアップが容易:現地でWi-Fiセットアップを行うだけ
3)機器の追加・変更が容易:現地には製品だけ送ればクラウド側で後から設定可能
4)高セキュリティ:ゲートウェイ内にセンサデータが溜まらず漏洩の心配なし

obniz BLEのご紹介

同製品はSB C&S株式会社を通じて販売を予定しています。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社CambrianRobotics

メールアドレス:supportteam@cambrianrobotics.com
電話:‭080-8729-0437(担当:泰道)

プレスリリース:新型コロナウィルスなど感染症予防に『換気状況の定量・可視化』サービスの提供開始(PR TIMES)


■参考URL
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 「新型コロナウイルス感染症対策の見解」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000606000.pdf
新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン 
https://www.mext.go.jp/content/20200324-mxt_kouhou01-000006130_1.pdf