言語切り替え

[キッズプロジェクト] スマホでぴよぴよ

今回やること

スマートフォンの傾きによって、動いたり鳴き声が変わったりする鳥を作ります。

用意するもの

組み立て方

筐体

まずは鳥の土台を作ります。厚紙を丸く切り、サーボモーターの穴が出るように小さな穴も開けます。

次に、サーボモーターに両面テープをつけ先ほどの厚紙を取り付けます。

サーボモーター付属のホーンを取り付けます。

紙コップに色紙などを貼って鳥を作ります。自由に作りましょう!できたら先ほどの厚紙 + サーボモーターに取り付けます。

サーボモーターから伸びたケーブルはこのようにするときれいに伸ばすことができます。

配線

サーボモータースピーカーのライブラリを参考に、以下の表や図のように配線します。

obniz 部品
0 スピーカー signal
1 スピーカー GND
9 サーボモーター signal
10 サーボモーター Vcc
11 サーボモーター GND

obniz Boardに電源を繋ぎプログラムを実行すると、スマートフォンの動きに合わせて鳥が動きます。

左右の傾きに合わせて鳥が動き、上下の傾きに合わせて鳥の鳴き声が変わります。

プログラム

window.addEventListener の第一引数に “deviceorientation” を指定し、第二引数の関数内で以下のようにスマートフォンの方向(動き)を取得しています。
詳しくは デバイスの方向の検出 – Web API | MDN をご覧ください。
 
const beta = event.beta;
const gamma = event.gamma;
const alpha = event.alpha;

 

完成したプログラム