言語切り替え

[キッズプロジェクト] スマホで操作するラジコンをつくろう

今回やること

obnizとモーター2個を使って、スマートフォンから操作できる簡単なラジコンを作ります。

用意するもの

  • obniz Board
  • モバイルバッテリー
  • DCモーターとギアボックス x2
  • タイヤ x2
  • ラジコンカーの土台となるアクリル板や木材など

組み立て方

筐体

まず、モーターとギアボックスを組み立てます。ギアボックスはおもちゃ屋などでも販売しています。

次に、ギアボックスの先にタイヤをそれぞれ取り付けます。タイヤを取り付けたら、これらを支える土台としてアクリル板や木材などでラジコンカーの車体を作ります。obniz Boardやモバイルバッテリーを固定できるように作ると良いでしょう。

ラジコンカーの車体を裏から見た図

配線

DCモーターのライブラリを参考に、以下の図や表のようにobniz Boardと接続します。DCモーターを取り付ける向きによってタイヤの回転方向が変わるため、適宜調整してください。

obniz DCモーター
0 左側のDCモーター OUT1
1 左側のDCモーター OUT2
2 右側のDCモーター OUT2
3 右側のDCモーター OUT1

obniz Boardに電源を繋いでブラウザやobniz Boardのコンソールから実行すると、以下のようにボタンが出てきます。これらのボタンによってタイヤの回転の向きを操作し、ラジコンカーを操縦することができます。

プログラム

jQueryの .on() という関数を用いて、ボタンを押したらモーターが回るようにしています。

以下のようにボタン(ここではボタンに lf というidをつけています)が押されたかどうか、また離されたかどうかを検出して、そのときに実行したい関数を引数に入れることができます。

$("#lf").on('touchstart mousedown', ()=>{
  motorA.move(true);
});
$("#lf").on('touchend mouseup',()=>{
  motorA.stop();
});

完成したプログラム