言語切り替え

LEDの点滅する間隔を変えよう[ブロックプログラム]

今回やること

obniz BoardでLEDを点滅させる際に、光っている時間と消えている時間を変えたい場合のサンプルです。ブロックプログラムを使ってやってみましょう。

用意するもの

  • LED
  • obniz Board
  • モバイルバッテリーなど
  • スマートフォン or PC

組み立て方

1個のLEDを光らせる時同様に、アノードとカソードに注意してLEDを直接挿します。

プログラム

1.まずはobnizにLEDを接続しよう

1個のLEDを光らせる時同様に、「obnizにledを接続する」ブロックを使って、アノードとカソードを設定します。

2.LEDを消す

LEDを光らせたり消したりを繰り返して点滅させます。

光るの中に「ledを消す」というブロックがあります。これを使います。

 

3.光らせておく時間を設定する

ループの中に「待つ」というブロックがあります。これを使ってどのくらいの時間光らせておくのか、設定します。

1000ms(ミリ秒)=1秒になります。

 

4.消しておく時間も設定しよう

光っている時間と消えている時間をそれぞれ設定することができます。これで点滅するようになりました。

完成したプログラム