言語切り替え

「OKグーグル ゴミ箱閉じて!」

今回やること

IFTTTを使って、「OKグーグル ゴミ箱閉じて!」で閉じるゴミ箱を作ります。

用意するもの

組み立て方

筐体

サーボモーターとobniz Boardをゴミ箱に設置して、obniz Boardに電源を繋ぎます。サーボモーターの動きでゴミ箱の蓋を開閉できるよう、適宜調節してください。

配線

サーボモーターのライブラリを参考に、表や図のようにサーボモーターをobniz Boardにつなぎます。

obniz サーボモーター
0 GND
1 Vcc
2 signal

プログラム

IFTTTを用いてGoogle Homeとobniz Boardを連携させます。以下の図のように、Google Homeに特定のセリフを話しかけるとIFTTを通じてWebhookを叩いてobnizにメッセージを送り、obnizに繋いだサーボモーターを操作する仕組みになっています。

IFTTTで以下のようなレシピを作ります。Google Assistantに「close the trash」と話しかけることをトリガーとし、 "googlehomeClose" というメッセージをのせてwebhookを叩きます。

プログラムの以下の部分でメッセージを受け取っています。メッセージが "googlehomeClose" であった場合、サーボモーターを動かすようにしています。

obniz.onmessage = (message, from) => {
  if (message === "googlehomeOpen") {
    ...
  }
  ...
}

完成したプログラムでは、メッセージを "googlehomeOpen" とすると蓋を開けることもできるようにしてみました。

messaging APIについて、詳しくは Message – obniz Docs をご覧ください。

完成したプログラム