言語切り替え

July 1st Release

obnizOS 3.3.0

新機能

  • 接続Wi-Fi(SSID)をクラウドで閲覧可能に

バグ修正

  • BLEスキャンのデバイス側フィルタリングのバグ修正
  • obniz Board 1Yのパスワード入力画面のバグ修正

obnizOS CHANGELOG

obnizOS 1デバイス無料枠登場

obnizOSをインストールしたデバイスのクラウド利用料を、1デバイス無料に。公開しているどのobnizOSをインストールしても、1デバイスまで無料でご利用いただけます。

  • obnizOS for ESP32
  • obnizOS for M5StickC
  • obnizOS for M5Stack Basic

obnizOSが1台無料になりました

obnizOS for M5Stack

M5Stack Basic専用のobnizOSを無料公開。
obnizクラウドとの連携やディスプレイ表示に対応。

M5Stackのドキュメントへ

obniz Cloudの機能強化/改善

– APIキー

  • obnizクラウドAPIを利用するTokenが発行可能に。デバイス一覧の取得・デバイスの生成などが容易に。
  • デバイス毎にアクセストークンを指定しなくてもAPIキーのみで接続可能に

ドキュメントへ

– [開発者コンソール]デバイス一覧の表示/設定の改善

  • デバイス一覧・デバイス管理画面で、接続中のWi-FiのSSIDと強度を表示(OS3.3.0以降のみ)
  • デバイス設定画面でデバイスのGlobalIP/LocalIPの表示に対応

マイナー変更

  • WebApp Tokenでもobnizへの接続が可能に
  • GraphQL API でinstallからdevicesInConfigを削除
  • リポジトリ一覧でファイル種類フィルターを追加