言語切り替え

obnizOSが無料になりました!

2020年7月1日より、obnizOSが1アカウントあたり1デバイスまで無料でご利用いただけるようになりました!
M5StackやESP32などのobnizOS対応デバイスをお持ちであれば、だれでも1台無料でobnizをご利用いただけます。

「obnizは気になっていたけれども、価格が高くて使っていなかった」という方は、obniz公式デバイスよりお手頃価格でobnizを始めるチャンス!この機会にぜひobnizをお試しください。

概要

obnizOSをインストールしたデバイスのクラウド利用料が、1アカウントあたり1デバイスまで無料となります。

現在obnizOSをお使いのデバイスのクラウド利用料は、7月1日以降自動的に1台まで課金対象外(無料)となります。

プランと料金

obniz OSでできること

obniz OSをインストールしたデバイスは、インターネット経由でobniz Cloudに接続され、お手元のブラウザから操作できるようになります。obniz OSなら、IoTを簡単に始めることができます!

HTML/Node.js、Python、Websocket APIの利用など、お好きな言語や方法でソフトウェアの開発が可能です。obnizの開発者コンソールには、オンラインエディタを用意しています。開発環境の構築は不要で、すぐにプログラムを作成・実行できます。サンプルコードや制作例も豊富に用意されています。

センシングや端子の単純なオンオフだけではなく、UART/SPI/I2Cなどがインターネット経由で操作可能です。 SDKにあるパーツライブラリを使えば、UARTなどを意識することなく簡単に電子部品の操作が可能になります。

obniz OSを利用できるデバイスの代表例

M5Stack

Dev-KitC

ESP32-WROOM32

M5Stack BasicDev-KitCESP32-WROOM32
クラウドとの通信規格Wi-Fi(b/g/n 2.4G)Wi-Fi(b/g/n 2.4G)Wi-Fi(b/g/n 2.4G)
電源USBTypeC(5v)microUSB(5v)2.2〜3.6v
バッテリー150mAhなしなし
IOの電圧3.3v3.3v3.3v
IOの数152112
モータードライバの数000
その他アクセサリ・フルカラーディスプレイ
・Groveコネクタ
・スピーカ
・SDカードスロットル
参考販売価格3,510円(税込)1,480円(税込)550円(税込)
購入SWITCHSCIENCE秋月電子通商秋月電子通商
SWITCHSCIENCE

obniz OSのインストール方法

obniz OSのインストール方法は以下のページをご覧ください。

obniz OSの機能

  • IO/ペリフェラル/BLEのクラウド経由での遠隔操作
  • obnizクラウドとの常時双方向通信
  • 通信路のTLS1.2での暗号化とサーバー認証
  • 公開鍵認証を利用したデバイス認証
  • pingやWDTを始めとする常時オンラインになるための仕組み
  • Wi-FiまたはEthernetでのインターネット接続
  • 用意されたネットワーク設定機能(シリアル通信またはsoftAP)
  • プロキシや固定IP。ステルスSSIDへの接続機能
  • 自身のOTA